« ホッケの皮 | トップページ | タグ »

きのこ天そば

Img414

三回目の小竹林。
すりごまでよくわからなくなってるけど、キノコの天ぷらのおそば。

鞄を壁際の席においてから、食券を出した。
料理待ちのおじさんが、じろって見たな、と思ったら、出来た料理を持って私が鞄おいた椅子の横に座った。
余裕のある椅子配列で、5個くらい椅子があるテーブルなのに、鞄おいた椅子のすぐ横に自分の座る椅子を引いて座った。
それじゃぁ、私座れませんから・・・
鞄をのけても、そのスペースじゃ食べてて肘が当たりますから・・・
仕方ないから、鞄を持って別の席に移った。
すぐに、そのおじさんは鞄のあった席に移った。
壁際に座りたかったんだね、ゆっくりしたかったんだね。
はい、ごめんなさいね、心で詫びを入れつつキノコそばをずるずる・・・
2~3口ほど食べたところで、ガタガタッ、と音がした。
顔を上げると、そのおじさんが食べ終わって店外へ。
そんなに早く出て行くならどこに座ってもいいじゃんよ・・・
そんなにそこに座りたいなら名前でも書いときなはれ・・・

|

« ホッケの皮 | トップページ | タグ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホッケの皮 | トップページ | タグ »